So-net無料ブログ作成
検索選択

聖母・聖美物語 あらすじ 第13週

スポンサードリンク

聖母・聖美物語 あらすじ 第13週

真中瞳が東風万智子に改名し、初めて主演を務める。
「聖母・聖美物語」いよいよ第13週目に突入です。

物語はいよいよ最終週に入ります。
自殺を図った陽を助けたのはここに来て再登場の諏訪先生でした。
そして、ひかりの出生の真実を繁郎が父親として全てを明かします。
今週も見どころ満載の内容となります。
最終回まで楽しみましょう。

物語は昼ドラの王道ともいえるドロドロの愛憎劇!!

今回は6月23日(月)から6月27日(金)までの第13週のあらすじを紹介致します。

自殺を図った陽(上遠野太洸)を助けたのは諏訪(古山憲太郎)だった。

陽の命に別状はなく、安心する聖美(東風万智子)に、
諏訪は今後の希望を語る。

ひかり(小林里乃)は自身の出生に関する真実を知りたいと訴える。

波津子(丘みつ子)らはためらうが、繁郎(原田龍二)が
父親として全てを明かす。

そんな中、陽の意識が回復。

彼の心境に変化が見られ、聖美は戸惑う。

一方、弘明(金子昇)は、実母・摩耶子(山口果林)が危篤だと聞く。

以上が、聖母・聖美物語 あらすじ 第13週の紹介でした。

昼ドラ 「聖母・聖美物語」 の放送は
毎週月曜~金曜 13:30~14:00 です。
どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 昼ドラ 聖母・聖美物語 完全攻略 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。