So-net無料ブログ作成

聖母・聖美物語 ネタバレ 第1週

スポンサードリンク

聖母・聖美物語 ネタバレ 第1週

真中瞳が東風万智子に改名し、初めて主演を務める。
「聖母・聖美物語」いよいよ今週は最終週に突入です。

このあたりで物語を完全攻略する為に動画でネタバレをしていきましょう。

今回は3月31日(月)~4月4日(金)放送までの
第1週 のネタバレと動画をお届けいたします。

まずは、第1週 のネタバレは下記の内容となっております。

平成元年、4月。

聖美(東風万智子) は、美しく豪華な白無垢を着て、
病院の院長・柳沢繁郎(原田龍二) と神社で結婚式を挙げていた。

新郎側には多くの参列者がいたものの、新婦側には
一人の参列者もいない奇妙な式でもあった。

するとそこに、聖美の母・佳代子(山本みどり) が亡くなったとの訃報が舞い込む。

訳も分からぬまま聖美が母のもとに駆けつけると、
二つの衝撃的な事実が明らかになる。

佳代子が自殺していた上、遺体のそばにあったと思われる
柳沢家からの結納金が無くなっているというのだ。

佳代子の死は何者かが匿名で警察に知らせてきたと聞いた聖美は、
通報者が若い女性だと知り、幼い頃に別れた
妹・愛美(三輪ひとみ)ではないかと疑い・・・。

一方、繁郎は新婦不在で開かれた披露宴において、
母の波津子(丘みつ子) に命じられるまま、居心地の
悪さに耐えながら主役の座を務めていた。

その日の夜、繁郎と波津子の待つ家に帰った聖美は、
姑からぶつけられるように塩を浴びせられ、気を滅入らせる。

さらに姿の見えない繁郎を探すため、家の地下にある
ワインセラーに向かうが、突然、鍵がかけられ閉じ込められてしまう。

驚いた聖美はワインを一本落として割ってしまう。

ダメにしたワインがあまりに高価で聖美は驚くが、さらに、普段は口数の
少ない繁郎がワインのこととなると饒舌になるのにも戸惑うのだった。

数日後、聖美のもとをかつての勤め先「星川法律事務所」の
所長・星川弁護士(風間トオル) が訪ねて来る。

聖美は高校を卒業してから8年間、星川の下で働き、
星川も親身になって聖美と接していた。

ところが聖美は、「これからは柳沢聖美として精一杯生きて行くので、
手助けはもう必要ありません」とさりげなく拒絶の態度を表す。

しかし、聖美に好意を寄せる星川は・・・。

波津子に呼ばれた聖美は、何でも無駄にせず、節約を心掛けてきた
これまでの生活を改めるよう厳しい口調で告げられる。

さらに、1年以内に子供が授からなければ
繁郎と離婚するよう迫られ、衝撃を受ける。

レディスクリニックで体を調べた聖美は、病院の近くに妹の愛美が
住んでいることに気づき、訪ねて行く。

部屋には誰もいない様子だったが、ドアには鍵がかかっておらず、
部屋に入ると幼い男の子が倒れているのを見つける。

聖美は慌ててその子を繁郎の病院に運ぶ。

するとそこに波津子が現れ、どういうことかと問い詰めてくる。

聖美は20 年以上音信不通だった愛美のことを、
繁郎と相談して波津子に伝えていなかったのだ。

母を亡くした聖美が天涯孤独だと思っていた波津子は、怒りの形相で・・・。

そのとき、派手な身なりをした愛美がやって来る。

倒れていた子は、やはり愛美の息子だった。

夜の仕事をする愛美は息子を置いて、客と海外旅行に行っていたと話す。

聖美に母親失格だと叱られた愛美だが、
悪びれることなく元気になった息子と帰ってしまい・・・。

そして、第1週の動画です。



以上が、聖母・聖美物語 ネタバレ 第1週 の紹介でした。

昼ドラ 「聖母・聖美物語」 の放送は
毎週月曜~金曜 13:30~14:00 です。

最終回まで楽しみましょう。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 昼ドラ 聖母・聖美物語 完全攻略 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。