So-net無料ブログ作成

聖母・聖美物語 あらすじ 64話

スポンサードリンク

聖母・聖美物語 あらすじ 64話

東風万智子さんが昼ドラ初主演!

ならではの愛憎劇に注目!!

聖母・聖美物語 今先程、63話の放送が終了致しました。

物語は昼ドラの王道ともいえるドロドロの愛憎劇!!

明日放送の64話のあらすじが気になって仕方ありません。

今回は聖母・聖美物語 あらすじ 64話をお届け致します。

峻(片岡信和)と結花(松山愛里)の結婚式当日。
なぜか、ひかり(小林里乃)は陽(上遠野太洸)のそばから
離れることを嫌がる。

聖美(東風万智子)に説得され、しぶしぶひかりが出かけた直後、
陽の容態が急変してしまう。

結花は式の直前になり、本当に自分と結婚したいのかと峻に問う。

峻の心が見えないままでは結婚できないと
結花は考えていたのだった。

なかなか式が始まらないことを、
波津子(丘みつ子)や弘明(金子昇)が
いぶかしがるが、そんな中、ひかりが陽の
もとに戻ると言い会場を飛び出してしまう。

ひかりが結婚式場から姿を消したと知り、心配する聖美。

いてもたってもいられず、探しに出かけると、一緒に出た
愛美(三輪ひとみ)がひかりを見つける。

ひかりが道路を渡って聖美のもとに駆け寄ろうとしたその瞬間・・・。

以上が、聖母・聖美物語 あらすじ 64話の紹介でした。

昼ドラ 「聖母・聖美物語」 の放送は
毎週月曜~金曜 13:30~14:00 です。
どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 昼ドラ 聖母・聖美物語 完全攻略 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。