So-net無料ブログ作成

聖母・聖美物語 あらすじ 第10週

スポンサードリンク

聖母・聖美物語 あらすじ 第10週

真中瞳が東風万智子に改名し、初めて主演を務める。
「聖母・聖美物語」いよいよ第10週目に突入です。

今週は繁郎に説得されて聖美は柳沢家に戻ります。
そして物語は10年後へ・・・
ここに来て思いもよらぬ新展開となります。

物語は昼ドラの王道ともいえるドロドロの愛憎劇!!

今回は6月2日(月)から6月6日(金)までの第10週のあらすじを紹介致します。

聖美(東風万智子)は、諏訪(古山憲太郎)と生きることをあらためて選ぶが、
繁郎(原田龍二)に説得されて柳沢家に戻る。

勝手だと怒る愛美(三輪ひとみ)は家を出ることを決める。

峻(谷藤力紀)は付いていこうとするが、彼女は拒絶。

大声で泣く峻を繁郎は慰めながら、愛美の本心を察する。

10年が過ぎた。

ひかり(小林里乃)の誕生日を祝う席にカードが届き、それを見た聖美は驚く。

以上が、聖母・聖美物語 あらすじ 第10週の紹介でした。

昼ドラ 「聖母・聖美物語」 の放送は
毎週月曜~金曜 13:30~14:00 です。
どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 昼ドラ 聖母・聖美物語 完全攻略 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。