So-net無料ブログ作成
検索選択
聖母・聖美物語 あらすじ 第7週 ブログトップ
前の1件 | -

聖母・聖美物語 あらすじ 34話

スポンサードリンク

聖母・聖美物語 あらすじ 34話

東風万智子さんが昼ドラ初主演!

ならではの愛憎劇に注目!!

聖母・聖美物語 今先程、33の放送が終了致しました。

物語は昼ドラの王道ともいえるドロドロの愛憎劇!!

明日放送の34話のあらすじが気になって仕方ありません。

今回は聖母・聖美物語 あらすじ 34話をお届け致します。

体の回復した愛美(三輪ひとみ)は、母屋を好き勝手に歩き回り、
聖美(東風万智子)を苛立たせる。

愛美は秘かに、新たに芽生えた思いを何としても叶えるつもりでいた。

星川(風間トオル)の娘、結花(諸江雪乃)が柳沢家を訪ねてくる。

聖美が子供を生んだと聞き、お祝いの品を持ってきたのだ。

結花は、愛美がひかりをあやしているところに出くわすが、
病院からの帰りで、消毒薬の匂いに包まれた聖美より愛美のほうが
実の母親らしいと峻(谷藤力紀)に告げ、驚かせる。

聖美は、愛美が繁郎(原田龍二)に馴れ馴れしくしようとも、
ひかりの母親としての体面を取り繕うために耐える。

それをいいことに愛美は繁郎に対して、陽(平林智志)のことしか頭にない
聖美とは仮の夫婦で、本物の夫婦・親子は自分とひかりだと思えばいい、と言い出し・・・。

以上が、聖母・聖美物語 あらすじ 34話の紹介でした。

昼ドラ 「聖母・聖美物語」 の放送は
毎週月曜~金曜 13:30~14:00 です。
どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 聖母・聖美物語 あらすじ 第7週 ブログトップ
Copyright © 昼ドラ 聖母・聖美物語 完全攻略 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。